消費者金融よもやま話

一般の人が無担保で申し込める、少額融資のキャッシングサービスの会社が、いわゆる消費者金融というモノです。

その昔、消費者金融を取り巻くイメージは決して良いとは言えない状況でしたが、最近はだいぶイメージも良くなったらしく、お金を借りた利用経験のある人にも結構そこら辺にいますよね。

というのも、かつて無茶な取り立てをした消費者金融会社が横行したので、そうした脅迫まがいの行為を取り締まる為に貸金業法が制定されました。そして返済能力のない人に多額の貸し付けを行う事などを監視しています。

ですが、そこまでしなくても、そもそも自分に返せる範囲内で計画的に利用するなら、怖い取り立て屋に脅されたりする心配もありません。というか今時、そんな消費者金融の業者は皆無でしょう。

元々は、サラリーマンの利用者が多かったことや、町の中に店舗があることから、消費者金融はサラ金とか、街金と呼ばれるようになりました。

ここの十何年かで、クリーンなイメージを強調するようなテレビCMの効果で女性に利用されることも増えてきたようです。実際、OLさんや主婦の人でも借入を行っているようです。

さて、実際に融資してもらう為には、申込用紙に色々と書き込んで審査を受ける必要があります。つまり審査に通る必要があるんですよね。

もちろん、この時には免許証とかの身分証明書も必要! そして、名前や住所をキッチリ確認されます。当然ながらお勤めしている会社名や、年収とかもチェックが入ります。同時に、信用情報機関では他の会社での借入してるかどうかということも裏を取られます。

信用情報機関では、過去のその人の借入状況とかも調べられてしまうんです!

ただ、こういうことを調べるので、延滞せずに返済できる人なのかどうかということを判断できるんです。その為、貸しすぎになったり、借りすぎて困ったりということを防げるんです。その為に、借入件数や借入金額をチェックするんですね。

リスクがあるのは何もユーザー側だけじゃなく、消費者金融の方だって同じ。返済能力がアヤシイ相手や他社借入額が多い相手に貸すと、苦労が多くなりますからね。